便利なテクニック

パソコンで画像を編集する

投稿日:

iPhone や スマホですと、画像を編集するソフトっていっぱいありますよねー。
でも、大きな画面で編集したいときは、パソコンを使うってなると思います。

だけど、パソコンの画像編集ソフトって有料ですとプロ向けで結構高いですよねー。
でも、ほんのちょっとだけ編集したいってときは、Windows 10 のフォトの機能を使うのも結構ありです。

ちなみに、フォトを起動するときは、編集したい画像をダブルクリックするだけです。

 

フォトでできること

少し編集してみましたので、まずはこれをご覧ください。

[編集前]

 

[編集後]

 

ちょっと編集センスについては、置いておきましょう。
明らかに編集されてますね。

今回やったのは、

  • 文字の追加
  • フィルターの選択
  • 縦横比の変更

くらいです。変更が分かりやすいと思ったので。。。

 

文字の追加

文字を追加したというよりも、描画ツールが使えるのでマウスで字を書いてみました。
「編集と作成」から「描画」をクリックするだけです。

 

フィルターの選択と縦横比の変更

こちらも簡単です。編集と作成」から「編集」をクリックするだけです。
「補正」や「調整」、「クロップと回転」あたりで色々変更できます。

 

できないこと

画像の縦横のサイズ(ピクセル指定)は、できないです。
私は、ペイントで開いた後に、「Ctrl」キー +「 w」キーで、画像サイズの変更でサイズを変えてます。

 

余談 その1

本格的にやる場合は、やはり画像編集ソフトを利用するのがいいと思います。
ただし、それなりにお値段がかかりますし、新しいバージョンへのアップデート問題もでてくることもあります。

それを回避するためには、Adobe Cloud を利用するのもいい方法だと思います。

どんなことができるのか知りたい方は、是非、体験版を使うことをおススメします。
月額も、980円からのプランがありますので、それくらいなら使ってもいいって方も少なくないはずです。

 

余談 その2

今回のサンプルで利用した画像は、北海道の上士幌町の糠平湖にある「タウシュベツ川橋梁」の写真です。
夏場は、湖の水位があがるためこの橋梁は水没するそうですが、冬は水位が下がるので見ることができる景色です。

ただ、橋梁のすぐ下にいくためには、対岸から凍結した糠平湖を歩いて渡る必要があります。
歩くのは40分くらいですけどね。

なかなか秘境感があって面白かったです。

 

まとめ

簡単な画像編集であれば、Windows 10 のフォトで十分だと思いますので、是非利用してみてください。
でも、本格的な編集するときは、画像編集ソフトを使いましょう~。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
また、面白い記事を書きたいと思ってますのでよろしくお願いします。










amazon

-便利なテクニック
-,

Copyright© ともざっき , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.